漫画・アニメ・ゲーム等

女流棋士初の外国人カロリーナさんはマンガ「NARUTO」好きで「腐」疑惑も?

どうも、将棋やチェスなどのボードゲームはめっきりへたくそなたまやんです。

将棋といえば細菌は「三月のライオン」がNHKでアニメ化していたり、電脳戦がなくなる?などのニュースや、スマホの問題など何かと話題の多い気がしますね。

そんな中、初の外国人棋士が誕生したのを皆さんご存知ですか?それが女流プロ棋士のカロリーナ・ステチェンスカさんです。女流棋士というだけであまり馴染みがないのに、外国人棋士なんて、結構びっくりする内容な気もします。

なので、今回は女流プロ棋士カロリーナ・ステチェンスカさんについてまとめていきたいと思います!

 

Sponsored Link

外国人女流プロ棋士 カロリーナさんとは

1991年6月17日生まれの現在、25歳のようです。申し訳ありませんが、もうちょっと上かと思ってました。。意外と若い方なんですね。

ポーランド出身の方ですが、ポーランドって何があるかいまいちピンときてないです。なんとなく寒そう。

山梨学院大学経営情報学部卒業されており、偏差値的にはそんなに高い大学ではないですが、プロ棋士にまでなっている方なので、頭が良くないってことは絶対にないですね。とある某棋士の方が、「兄達は頭が悪いから東大へ行った。自分は頭が良いから将棋指しになった。」という発言をしたとおり(言っていないという説もありますが。)プロ棋士というのは特別な存在なのがわかりますね。

現在は同大学の大学院に所属されているようで、院生さんなんですね^^プロ棋士と二束の草鞋は大変そうです。。

階級は現在2級です。

将棋を始めたきっかけはマンガNARUTO

そもそもポーランド在住だったカロリーナさんはどうやって将棋に出会ったのでしょう?

これは本人がインタビュー等で言っていたことですが、「マンガのNARUTOを見て将棋に出会った」だそうです。

これは「COOL JAPAN」文化MANGA!

NARUTOの将棋のシーンと言えば、奈良シカマルのシーンですね!恐らく。自分的にはアスマ先生と指してるイメージが強いですが、みなさんどうでしょうか?話それますが、アスマ先生の武器って地味ですよね。

NARUTOに出会ったのは16歳の時だったようなので、今から9年前になります。その時NARUTOどの辺だったかな??それこそアスマ先生やられちゃったくらい?

さて、キッカケはマンガだったそうですが、それからカロリーナさんは、将棋のネット対戦で実力を高めていったそうで、「ヨーロッパにすごい棋士がいるぞ!」って噂になったくらい強かったみたいです。

それから何度か来日し、研修会でC1に昇級したカロリーナさんは、2015年10月1日に女流3級としてデビューされました。

正直、異国のボードゲームのプロになるってすごいですよね。日本で考えたらチェスとかになるんですかね?それと言葉の壁や、正座とかだって日本特有だと思うので、大変だったでしょうね。。ちなみに私は膝固すぎて正座できません。

Sponsored Link

 

カロリーナさんに「腐」の噂も?

Yahoo!などで見ると、「腐」のワードも候補に出てくるので、恐らく腐女子について調べてる人が一定数いそうですねぇ。。

結構NARUTOとか、ハイキュー!!とか、テニプリとか、そうゆう目線で見る方も多いと聞きますが、カロリーナさんはどうなんでしょうか?

NARUTOきっかけで将棋を始めたとはいえ、それっぽい情報は見当たりませんでしたね。

長い間マンガには触れていると思いますし、ネット対戦などで将棋を培われていますから、ネットに対してのリテラシーなども強そうですよね。なので、傾向的にはそうであってもおかしくはないですが、イメージを押し付けるだけってのもあまりよくないですね^^;

まとめ

  • カロリーナさんはポーランド出身の初女流外国人棋士
  • 16歳で将棋を知り、25歳現在の階級は2級
  • マンガ「NARUTO」で将棋を知る。
  • 腐の噂もあるが、そうである情報はなし。

いかがでいたでしょうか?最近何かと話題の絶えなかった将棋界ですが、外国人棋士の方ができたというのは中々明るいニュースなのではないでしょうか。

こういった話題を期に、将棋界に注目が集まり、発展に繋がっていけば面白いですよね!また、カロリーナさんの活躍にも注目したいです!

では最後まであじゃじゃした!

U-NEXTで今期ドラマを見逃し視聴!

U-NEXTなら最新ドラマやアニメを見逃し視聴可能作品多数!

初回登録なら31日間の無料トライアル+600ポイント付与されます!

今期ドラマやアニメを無料で見逃し視聴しよう!

 

今すぐU-NEXTでドラマ無料見逃し視聴!

※配信作品に関してはリンク先よりご確認ください。