野球

小園(報徳学園)の生い立ちは?小中校時代や秋大会などの成績も!

どうも、皆さん今年の選抜高校野球見てますか?報徳学園の一試合目、21世紀枠相手とはいえ21-0とは恐れ入りましたね。

 

21点を取りながら、ホームランはわずかに一本だったんですね!その一本を放ったのが、今年2年生の小園海斗選手です。

 

一番遊撃手として類い稀な才能を攻守ともに放っていて来年はプロ注目の選手になるでしょう!そんな小園選手についてまとめてみました!

 

Sponsored Link

小園海斗選手の特徴

 

  • 2000年6月7日生まれ。
  • 178cm
  • 小学校時代は「宝塚リトル」に所属。
  • 中学校は光が丘中学校へ進み、「枚方ボーイズ」に所属。
  • 遠投110m
  • 50m走5.8秒

 

意外と上背もあるんですね!足の速さや守備の良さなどに目が行きがちだったので、180近くあるとは思いませんでした!

 

ちなみに、現楽天のオコエ選手が高校時代50m走が5.9だったようですので、単純にそれ同等の走力があると考えて良いでしょう。

 

さらに守備でも軽快な動きを見せ、遠投も110mと、体の強さがうかがえます。

 

バッティングの方では、センバツ初戦21点を取った多治見高校相手に4打数2安打1本四球1失策1という2年生とは思えない成績も残しました。ポール際のホームランはしびれましたねえ!

 

秋大会などの成績は?

報徳学園としての秋大会の成績は、県大会が準優勝、近畿大会がベスト4でした。

 

その中で、小園選手は1番・遊撃手でレギュラーとして活躍しました。

 

全11試合に出場し、打率 .375(48-18) 出塁率4割と、一番打者として躍動しました。

 

秋大会では本塁打はなかったため、多治見での本塁打は公式戦では初本塁打だったようです!甲子園一試合目で打てるってかなりもってますよね。

 

強豪ひしめく兵庫・近畿大会で2年生でここまでやれるってやはり並の選手ではないですね!

 

中学時代は枚方ボーイズに所属

 

中学時代は名門枚方ボーイズに所属しており、同高校の神頭選手ともチームメイトだったようです。

 

2015年の中学三年生時代はには、U-15アジアチャレンジマッチ日本代表として選出されています。

代表の試合では、ショートではなく外野手で出場する機会が多かったようですので、ショートだけではなく多数のポジションも守れるユーティリティプレイヤーであることがわかりますね!

 

ちなみに、神頭選手も日本代表に選ばれており、4番を務めていました。

 

才能ある選手を抱えられて羨ましい!もちろん今年も躍動が期待されますが、来年も戦力的に兵庫は報徳学園が有力かもしれませんね!

 

まとめ

  • 報徳学園1番ショートは今年2年の小園選手
  • 小園選手は攻・走・守揃っており、足の速さは楽天オコエ並みか。
  • 肩も強く、遠投110mとも。
  • 中学は枚方ボーイズに所属。日本代表経験ありで、多数ポジションもこなせる。

 

いかがでしたでしょうか?すごく楽しみな選手ではないでしょうか?バッティングも豪快な長打力こそ今はありませんが、広角に打ち分けられるるセンスをもっています。

 

また、ドラフト注目投手からも打っており、パワプロでいう対エース持ちか??

 

今後の報徳学園の活躍に期待ですね!

 

それでは最後までありがとうございました!

U-NEXTで今期ドラマを見逃し視聴!

U-NEXTなら最新ドラマやアニメを見逃し視聴可能作品多数!

初回登録なら31日間の無料トライアル+600ポイント付与されます!

今期ドラマやアニメを無料で見逃し視聴しよう!

 

今すぐU-NEXTでドラマ無料見逃し視聴!

※配信作品に関してはリンク先よりご確認ください。