スポーツ

巨人の隠し玉リャオレンレイて誰?経歴や最高球速は?

img_0513

今回のドラフトも見ごたえあるものになった。兼ねてから有力視されていたジャスティスこと田中正義に五球団競合、その後ハズレ1位氏名に佐々木が5球団競合という例年まれに見るアツイ競合を呈した。

有力視された大学生や高校BIG4が上位が順当に上位されていった中、巨人がドラフト7位で201cmの巨漢台湾人右腕リャオレンレイを指名し、話題っとなっている。

ネット上では、「リャオレンレイて誰やねん!」という声が多い中、ドラフト会議前に指名を予測する兵までいた。そんなリャオレンレイ投手ですが、私も「だれやねんww」状態だったので、調べてみました。

 

 

Sponsored Link

リャオレンレイて誰やねん

リャオレンレイ(廖任磊)は、台湾出身の投手身長 201cm体重 125kgと、かなりの巨漢。(プロレスラーかな?)詳細な情報は出ておりませんが、1993年生まれということで、今年大卒年代の一つ上にあたるようです。

岡山共生高卒で、卒業後台湾の開南大学に進学後、なんとメジャーのパイレーツ傘下マイナーでプレーをされていたようです。

 

実績や経歴は?

パイレーツ傘下マイナーでの実績は、中継ぎとしてルーキーリーグ通算27試合に登板し、2勝3敗5セーブ 防御率4.45という成績を残したようです。

んーー、いまいちパッとしない。。ってのが印象ですね。また、内容としては、35回途中を投げ、25安打21失点、25奪三振、22四球8死球だった模様。

巨漢から放たれるMAX154キロの力強い速球が武器のようです。

リャオレンレイの投球動画はこちら⇒ (Youtubeに飛びます)

 

感想・まとめ

201cm 125キロ、台湾出身でマイナーリーグ帰りの23歳投手。中々話題性があっておもしろい投手を指名したなという感じですね。他の球団もびくりの隠し玉指名となったのではないでしょうか?

ただ、マイナーリーグの成績を見ると、防御率と四死球の多さが目立ちますね。。三振がとれるのも魅力ですが、最近の藤波のように自滅するタイプなんじゃないかと思ってしまいますね。

ただ、個人的には下位指名で恵まれた体格を持っているリャオレンレイ投手がどれだけ力をつけて、1軍に上がってくるかすごく楽しみにしています。早く日本の球界に慣れ、持ち味の速球を見せてほしいですね。

ちなDなので、あまり活躍されるのも困りますが。。

では、最後まで読んでいただきありがとうございました。

U-NEXTで今期ドラマを見逃し視聴!

U-NEXTなら最新ドラマやアニメを見逃し視聴可能作品多数!

初回登録なら31日間の無料トライアル+600ポイント付与されます!

今期ドラマやアニメを無料で見逃し視聴しよう!

 

今すぐU-NEXTでドラマ無料見逃し視聴!

※配信作品に関してはリンク先よりご確認ください。