たまやんのまとめたんDe

ドラマやCMなど気になるあの人についてまとめていきます!

健康面

桃花眼とはどういう目?該当する有名人や画像は?メイクの仕方も気になる!

投稿日:2017年11月9日 更新日:

はーい、どもども、たまやんです。

 

『桃花眼』ってご存知ですか?先程ツイッター見てたら「桃花眼の人めっちゃ好き!」みたいなツイートしてる人が多かったんですけど、どんな目なんでしょうか?

 

ちょっと画像拝見したんですが、異性を魅了するような目でしたね。そこで今回は該当しそうな有名人や画像などを調べてみました!

 

Sponsored Link

桃花眼とは?

 

妖艶な微笑をたたえた相だ。目に涙が溜まっているようにしっとりと濡れている。瞳に重々しさはなく、よそ見やわき見をよくする。このような者は贅沢と歓楽に溺れやすい。昔は「桃花殺」と言われ忌み嫌われていた。淫欲(性慾)で災いをもたらすと考えられており、特に女性には好かれていなかった。しかし、現代社会においては人気スター性を有するといわれ、才能に溢れ大衆的な人気を集めるという良い意味にも解釈されている。

 

 

と、人相のサイトの言葉を引用するとこのようになる。

 

少しまとめると、

  • 妖艶で微笑したような目。
  • 目が涙で潤っているようなウルウルした目

 

といった具合でしょうか。

 

ポイントは異性を虜にするような目ということで、男性と女性では解釈に差がでそうですね。

 

女性であればメイクで作れる方もいると思いますよね。それは後述をご覧ください。

 

 

Sponsored Link

該当する有名人や画像は?

 

 

 

 

 

 

少し名前が上がっていた有名人は、嵐の大野くんなどが上がっていましたね。

 

他芸能人だと、k-popの方や韓流の俳優さんなんかに多いかと思われます。

 

わたし的にはディーンフジオカさんが一番はじめに思い浮かびましたが、そこまで珍しい人相ではないかなという印象ですね。

 

 

Sponsored Link

メイクはどうしたら良い?

 

 

桃花眼のメイクはドファサルメイクと類似しているそうです。

 

というのも、ドファサルを漢字にすると桃花というらしく、桃の花のように赤く染まるメイクのことをドファサルメイクというそうです。

 

韓国人の方に多いイメージのことメイクですが、非常にお綺麗なので女性の方には是非してもらいたいですね^ ^

 

僕は男なので、メイクはそこまで詳しくありませんがドファサルメイクを解説しているサイトなどは多くあるので、試して見てはいかがでしょう?

 

 

ドルファサルメイクの仕方はこちらをご覧ください。

ドルファサルメイクのやり方サイト

 

 

Sponsored Link

 

まとめと感想

 

桃花眼、今回少し調べてみて初めてその名前を知りましたが、他にも龍眼やら牛眼やらいろいろあるのでそれらも調べてみると面白いかもしれないですね!

 

 

 

Sponsored Link


-健康面
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

五月病とはなんのなのか、意外と知らない由来や症状!その対処や治し方も。

よく、ゴールデンウィーク明けの会社や学校で、 「だりぃ~五月病だぁ~」なんて言う方周りにいませんか??w ちなみに学生時代毎年僕は言っていましたw 五月病って言葉はよく使いますが、なんとなく 春先にだ …

カラダカルピスの成分から効果をまとめ!価格は適性も糖質量は多い?

  アサヒからカルピスの新しい商品「カラダカルピス」が発売されました。CMや広告等で目にした方は多いのではないでしょうか?   機能性表示食品で、飲み続けると体脂肪燃焼に期待ができ …

【ポカリが50円】熱中症対策自動販売機とは?設置している現場や会社はどこ?

  皆さん、今夏どのようにお過ごしでしょうか?   先日は台風が来て、大雨の中会社帰り傘も無しにずぶ濡れになって帰った私ですが、風邪の前に今年一度熱中症に悩まされました。かなりきつ …

腰痛の小学生が増加中の原因は?姿勢や肥満増加も要因か?影響なども!

  近年、腰痛に悩まされる小学生が増えていると言われています。   私も子供の頃から猫背で身長も高いことも影響しているのか、腰痛には悩まされてきました。   腰痛になるの …

ごぼう先生の経歴や所持資格は?体操の内容や効果などもご紹介!

最近段々メディアへの露出をされているごぼう先生こと、簗瀬 寛(やなせ ひろし)さんの高齢者向けの体操が気になっているたまやんです。 現在日本は少子高齢化社会で、寿命もさることながら、健康寿命を高めよう …

人気記事