高校野球

U-18高校野球日本代表がアメリカ相手に23奪三振!投手内訳や清宮・中村の成績は?

 

 

U-18侍ジャパンが現在、他国と試合されており、楽しみにしている方も多いのではないでしょうか?

前試合メキシコに快勝しましたが、今日はアメリカ相手に0-4で敗北しました。

 

流石は本場アメリカといったところでしょうか。

ただ今年のU-18は打撃陣に強打者が豊富なだけに点を取る野球がしたかったところですね。

 

 

Sponsored Link

23奪三振投手陣の内訳は??

さてさて、負けてはしまったものの、23奪三振ってすごすぎじゃないですか??

 

ってかLIVEで見てなかったので内訳わかんないんですが何で4点取られたの??って感じですね。

 

ちなみに今回の試合での投手内訳は以下の通り。

 

  1. 川端(秀岳館)・・・5回2/3、被安打6、本塁打1、四球6 15奪三振
  2. 田浦(秀岳館)・・・2回1/3、被安打1、四球0、5奪三振
  3. 磯村(中京大中京)・1回、被安打0、四球1、3三振

むしろ三振でしかアウトとってないんじゃないかっていうレベルの投球ですね。

 

4失点全て川端選手が献上してしまったもののようですが、三振率異常杉内w

 

こう見ると日本の投手が奪三振能力に長けているというよりはアメリカが大振りしてる感はあるかもですね。

 

でも7安打中本塁打1本と二塁打1本なので長打が多いという訳でもないですね。

 

 

何にせよ、四球6が痛いですよね。テンポも悪くなるんでリズムが悪くなるといった影響もありますから。

 

しかし、三振とれる投手が四球多くなるのはあるあるですよね。

Sponsored Link

清宮や中村などの日本人打撃陣の成績は?

 

さて、アメリカ戦での打撃陣は全体安打「2」とかなりアメリカ投手陣に なすすべなしといった感じですた。

 

ヒットを打ったり出塁したのは以下の選手

藤原(大阪桐蔭)1安打
丸山(前橋育英)1四球
安田(履正社)2四球
小園(報徳学園)1安打

 

ちなみに注目度の高い清宮選手は4-0、中村選手は2-0で途中交代しています。

 

クリーンナップは大型野手が揃っているイメージが強いんで、もっと打ってくれる姿を見たかったですね。。

 

ただ、アメリカ2番手投手ウェザーズが良いピッチングしたのも事実なので、相手を褒めるべきでしょうか。

まとめと感想

 

打撃陣はメキシコ戦で10得点したとはいえ、主軸が打ちあぐねていますねぇ。クリーンナップが打率2割以下ですからねぇ。

 

投手陣は4失点したとはいえそれなりの成績ですし、二番手以降は完璧に近い成績ですしね。

 

私的には横浜高校の増田選手に期待していたんですけど、まだ本調子でなさそうな感じですね。

 

まだ全ての試合が終わったわけではないので、是非ここから調子を上げて、我々を唸らせてほしいです!

 

頑張れU-18!

U-NEXTで今期ドラマを見逃し視聴!

U-NEXTなら最新ドラマやアニメを見逃し視聴可能作品多数!

初回登録なら31日間の無料トライアル+600ポイント付与されます!

今期ドラマやアニメを無料で見逃し視聴しよう!

 

今すぐU-NEXTでドラマ無料見逃し視聴!

※配信作品に関してはリンク先よりご確認ください。