高校野球

林晃汰(智弁和歌山)三塁手の出身中学は?ドラフト評価や夏予選成績は?

 

甲子園常連で優勝経験もある和歌山の強豪智弁和歌山。今年は初戦から同じく優勝経験のある沖縄の興南高校と対戦する。

 

和歌山県予選ではノーシードからあがってきた高野山相手に4-3で辛勝し甲子園への切符を掴んだ。

 

 

今年の智弁和歌山の魅力はやはり打撃力にあるでしょう。

 

 

その中でもクリーンナップは強力打者揃いです。

 

 

その中で、強肩強打の2年でサードの林晃汰選手について今回は書いていきたいと思います。

 

 

Sponsored Link

林晃汰選手の簡易プロフィール

 

氏名:林晃汰
身長:178cm
体重:85kg
ポジション:三塁手
学年:2年
右投左打

岩出小-岩出中時代(紀州ボーイズ)

 

打撃に非凡な才能を持つと言われる林晃汰選手。その魅力はなんと言っても豪快な1発を打てること。

 

中学時代には推定130mを超える本塁打も放ったこともあるとか。。半端ないっすね。。プロでもそんなにいないのに。

 

 

去年1年次の秋大会では2打席連続で場外ホームランを放つなど、高校生離れしたパワーを見せ付けています。

 

 

そのため、私的にはもっと大柄なイメージがあったのですが慎重は178cmとそこそこ。
しかし体重85kgと素晴らしい体格の持ち主なのは変わりないですね。

 

 

中学時代には捕手を務めていたこともあり、遠投100mの強肩。走力の方は50m6.9秒と速くはないですが、守備やスローイングにも定評のある選手です。

 

 

現巨人の村田選手のような選手に育ってほしいですね。

 

 

Sponsored Link

ドラフト評価や夏予選成績は?

 

 

ドラフトの評価は現時点であまりわからない状況になっています。

 

しかし、高校生離れしたパワーや守備力にも定評があることから、注目されていることは間違いないでしょう。

 

強肩でもあるので、外野コンバートなどもできると思うのでもほしい球団も現れるのではないでしょうか。

 

 

それも今回の甲子園や来年までの1年間の活躍にかかっていると言えるでしょう。

 

 

夏予選の成績は以下の通り

 

5試合 .471(17-8)1本塁打 10打点  出塁率.526  長打率.706

 

と、率や打点は目を見張るものがありますね。

 

ただ、8安打中6安打が単打でありそれによって長打率も思ったほどではないかなという印象です。

 

 

現3年生でドラフト上位が期待される選手である横浜の増田選手や履正社の安田選手、清宮選手などは長打率1.000を超えているので、是非地方大会ではそれくらい打てるバッターになるよう期待したいですね。

 

 

Sponsored Link

 

まとめ

 

  • 智弁和歌山の2年サード林晃汰に注目!
  • 2打席連続場外本塁打や130m弾が噂されるなど、パワーは高校生離れか。
  • 現在2年のため、今大会・今後の活躍によっては来年ドラフト候補にも?

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

 

智弁和歌山対興南の試合楽しみですね!
新聞社などの前評判では同じくらいの評価だったので、どちらが勝ち進んでも不思議ではないですね。

 

また、勝ち進んだ先には恐らく今大会も大本命の大阪桐蔭と当たるので、そこにどういった戦いをしてくれるのかも楽しみですね!

 

 

智弁和歌山の強力打線は甲子園でも見れるのでしょうか?林晃汰選手をはじめ、要注目です!

 

関連記事 : 宮城大弥(興南)投手の最高球速や変化球球種は?島袋同様トルネード投法?

 

では、最後までありがとうございました!

U-NEXTで今期ドラマを見逃し視聴!

U-NEXTなら最新ドラマやアニメを見逃し視聴可能作品多数!

初回登録なら31日間の無料トライアル+600ポイント付与されます!

今期ドラマやアニメを無料で見逃し視聴しよう!

 

今すぐU-NEXTでドラマ無料見逃し視聴!

※配信作品に関してはリンク先よりご確認ください。